2019年4月に(株)クロスボーダーエイジから事業譲受した掲題サービスが、皆さまの応援をいただきおかげさまで順調に推移しております。この度、5回目になる日中交流フォーラムを開催することになりました。

第5回 日中健康食品産業市場研究フォーラム開催のご案内

中国保健食品市場が新食品安全法を控え「黄金の10年」を迎えた2014年から、
私たちの日中業界交流が始まり、今年は5年目になります。その間に中国市場は大きく成長し、日本企業も難解な中国法規制を理解し日中間の交流が各処でみられるようになりましたが、様々な「ボトルネック」も顕在化するようになりました。

 その一つは、中国保健食品の登録業務・個別申請に必要な機能性試験です。27種類の機能性毎の試験・審査方法は中国当局で継続的な見直しが議論されていますが、うち22種類の試験では、すでに欧米・日本の化粧品・保健機能食品の臨床試験では行われていない「動物試験」が存在します。

 節目を迎える今回の日中交流フォーラムでは、この保健食品の機能性検証における動物試験代替法として世界が注目する日本発の「iPS細胞」の活用技術を日中業界企業で共同して中国当局に提案する活動をはじめることを提起します。並行して中長期的な双方の保健機能食品の臨床試験・食品CRO分野での相互交流・共同開発等が促進されることを期待します。

 令和新時代を迎えた日本、新紙幣の肖像に決定した渋沢栄一ゆかりの会場で、皆様のお越しをお待ちしております。ぜひご参加ください。

2019年(令和元年)10月1日(火)

     17時開場 17時半開会(21時終了予定)

     場所:如水会館14F 一橋クラブ 記念室    https://www.kaikan.co.jp/josui/access.html

 <基調講演> 「中国保健食品市場・規制の最新動向と展望」

講師  王大宏(ワン・ダーホン)中国保健協会 保健品市場工作委員会秘書長/庶正康訊ビジネスコンサルティング 代表

中国保健協会で市場調査と学術研究(シンクタンク)の役割を担い、海外の保健食品制度を踏まえ中国政府に政策提言している。

 <特別講演>  「iPS細胞研究動向と動物試験代替技術/AIへの取組み」(仮)

講師:京都大学iPS細胞研究所(CiRA) 主任研究者 藤渕 航 教授

助手:陳 影

 <懇親会>  一橋クラブ 記念室     会費:無料(1社2名まで)

・参加者の皆様には弊社作成の「中国保健食品・新食品原料」に関する参考資料を

 差し上げます。基調講演の資料とともに中国市場が理解できる貴重な情報です。

参加申込みは  china-hf@space-new.com  まで御連絡ください。